各種講習会Training session

日本笑顔プロジェクトは、防災・減災・復旧・復興にかかる人材育成事業を行なっております。平時から自助を高めつつ、地域や災害支援団体との共助も高めあえる環境を作っております。民間だからこそできるスピード感や、被災者に寄り添った活動ができるために日々の学びを積み重ねていきたいと思っております。自分の大切な地域や人を守るために積極的なご参加をお待ちしております。

小型車両系建設機械運転業務特別教育講習

近年、日本各地で頻繁に起こる大規模な水害や災害を受け、ボランティア活動においても重機を使用した機動性の高い支援が多く見られるようになりました。その機動力の高い活動は各方面から高い評価を頂いています。日本笑顔プロジェクトでは、自分たちの地域は自分たちで守るという趣旨のもと、災害復旧ボランティアで主に用いられる機体重量3トン未満の建設機械での整地・運搬・積込み及び掘削等、初期段階で必要とされる知識と技術を取得するために当講習を実施致します。 学科・実技講習共に災害現場での経験豊富な若い講師陣が、親切丁寧に指導いたします。

小型車両系建設機械(解体用)運転業務特別教育講習

近年の災害において、流木や漂流物撤去の場面で解体用(ハサミ)が多く用いられる事から、労働安全衛生規則第36条第9号の規定に基づく小型車両系建設機械(解体用)運転業務特別教育で、本講習修了した者には修了証を交付し、車両系建設機械(解体用)運転業務に従事する資格を付与します。「小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転特別教育を修了した者等に関する特例」により小型車両系建設機械運転特別教育修了者のみを対象とします。

ATV四輪バギー(全地形対応車)ライセンス講習

2019年に発生した長野県での台風19号水害では、日本笑顔プロジェクトの指揮車両としてまた農地での漂流物回収など、ATV四輪バギーは高い走破生を発揮いたしました。2020年12月から2021年に北陸方面で発生した寒波による雪害では、高速道路上の滞留車へ支援物資を届けたり、ネクスコ東日本や国交省からの出動要請で雪上における活動も高く評価をされました。講習は2名1組で1台(2人乗りタイプ)バギーをご用意いたしますので、基本的に待ち時間なく充実した講習となっております。

伐木等の業務に係る特別教育(チェーンソー講習会)

災害時における復旧活動で多用されるようになりましたチェーンソーは、特に危険が伴う道具です。基礎知識やメンテナンスをはじめ伐採に関わる知識や実技を行う講習会です。また長野県の山林では、管理が行われていない森林が増え未利用の間伐材の増加や後継者不足は、深刻な課題となっています。災害支援に対応する他、ぜひこの機会に多くの人が森の事を知り、森と関わることが必要と考え、森の維持管理や木を伐りだすプロセスを学び、森林資源を有効に消費する「木遣(づか)い」ができる人材も育成したいと思っております。

普通救命講習会

日本笑顔プロジェクトが災害支援で活用する、ATV四輪バギー(全地形対応車)には、AED(自動対外式)除細動器が搭載されております。万が一の場合にAED(自動対外式)除細動器をしっかり使えるように、地元須坂市消防本部のご協力で行う救命講習会です。心肺蘇生法やAEDの使用法、外傷の手当て等も行います。

詳細は準備中です。しばらくお待ちください。

重機オペレーターレベルアップ講習会

災害現場を想定した重機オペレーションのレベルアップ講習です。日本笑顔プロジェクトサブスク会員(受講レベルに応じた方)と現役消防士を対象に実施しております。災害現場の最前線で活躍する経験豊富な講師陣が、様々な状況を想定しカリキュラムを用意しております。共催:DRT JAPAN

詳細はサブスク会員様、消防士の皆様に直接ご連絡させていただきます。

日本笑顔プロジェクト代表 林映寿

一人ひとりが笑顔を持って、家族、友達、職場、地域に笑顔をつなげたい、そんな思いから2011年「日本笑顔プロジェクト」を立ち上げました。まずはいま自分が「笑顔」になって更にその「笑顔」の輪を日本全国にそして世界に広げていきたいと思います。プロジェクトにご賛同・ご協力・ご支援頂ける皆様のご参加をお願い致します。