ATVATVバギー

どんな悪条件でも走破するモンスターマシーン!!

慌ただしい現場、制約の多い環境。水害を受けた被災地は、水分が多く密度の高い泥に一帯が覆われ四輪駆動車でも抜け出せず苦戦する状況です。そこで日本笑顔プロジェクトは、ATVバギー全地形対応車を投入し災害派遣指揮車両として活用しています。荷物ボックス内には、AED(自動体外式除細動器)も搭載し、万が一の人命救助にも備えある装備をしております。

千曲川の両岸をATV バギーが結ぶ!

019 年11 月23 日。台風19号発生から40日余りを経た勤労感謝の日に、千曲川河川敷エリアの果樹畑にて、小布施町主催のご み拾い・リンゴ落としのボランティア活動が行われました。参加者は、最終集計では900人余りに。日本笑顔 プロジェクトでは、この活動に合わせて炊き出しを決行。堤防の片側はボランティアさん用の駐車場となっており、場所によりすれ違いがギリギリだったり、堤防上でUターンの必要があったりと、小回りのきく車両でないと対応できない状況。ここで、全長約1kmの小布施橋を挟んだ5拠点の間をつなぎ、必要物資や塩むすび・つみれ汁の運搬を担ったのが、2台のATVバギー(1台は単体、1台は荷台付きでした)。狭い通路での走行や悪路の走破性に優れ、何よりドアがないため乗り降りが楽。小布施側の畑ではタイヤやコンテナ類の大型のごみも多く、バギー隊は途中からごみの回収もお手伝い。畑にはまだ泥や土が多く、軽トラでは車輪を取られて動けなくなってしまうので、四輪独立サスペンションでパワーのあるバギーが力を発揮しました。

日本笑顔プロジェクト代表 林映寿

一人ひとりが笑顔を持って、家族、友達、職場、地域に笑顔をつなげたい、そんな思いから2011年「日本笑顔プロジェクト」を立ち上げました。まずはいま自分が「笑顔」になって更にその「笑顔」の輪を日本全国にそして世界に広げていきたいと思います。プロジェクトにご賛同・ご協力・ご支援頂ける皆様のご参加をお願い致します。