nuovoノーボ

  • HOME
  • ライフアミューズメントパークnuovo

日本初! 平時を楽しみ有事に備えるライフアミューズメントパークnuovo日本笑顔プロジェクト 台風19号復興支援大作戦

クリックで拡大します

“楽しい”が世界を救う!

楽しいコトの延長で、災害に対する備えができたら、最高だと思いませんか?
台風19号から時が過ぎ、薄れゆく災害や防災への意識をどう高め、維持していくか。
その課題に対し「楽しむ」という視点から構想されたのが、体験型ライフアミューズメントパーク「nuovo(ノーボ)」です。
「nuovo」とは「農業」+「防災」=「農防」。
イタリア語で「新しい」を意味するこの語に「21世紀型の新アミューズメント」との思いも込めました。
平時を楽しみ有事に備える、日本初の施設です。
日本笑顔プロジェクトは災害後、支援活動を行う中で本当に現場で役立ったものをピックアップ。
それらをnuovoに集約し、体験・習得できる施設として運営していきます。
小布施の基幹産業である「農業」をベースとし、安心・安全な食のあり方を考え実践する場、非常時の食糧補給の場としても活用していく計画です。
表向きは、幅広い年代に興味をもっていただくためアミューズメント化していますが、その根底には防災力の向上や食育など「ライフ」というテーマが含まれています。
nuovoの目的である「楽しむ」の延長に「防災力を高める」「すこやかに生きる知恵を身につける」が隠されているのです。


nuovoはSDGs(持続可能な開発目標)の考え方に賛同し、積極的に取り組みます。

なかでも次の6項目に重点を置いて運営してまいります。

食糧生産
日常的に野菜や果物をつくり、災害発生時にも人々の食を支えます。

生きる力を高める教育
野外でのレジャーや炊事・寝食、重機の操作などを通じて多面的な学びを得ることができます。

クリーンエネルギー活用
太陽光発電や微生物による汚物分解など持続可能なエネルギー活用を実践します。

持続可能な生産・消費
野菜くずなどを使った発酵堆肥による元気な土づくり・野菜づくりほか、環境との共生を大切にします。

自然災害への備え
nuovoでの遊びや学びはすべて、自然災害発生時にはともに生き抜く力・復興の力となります。

里山の環境保全
間伐材や遊休農地の有効利用をはじめ、自然環境の保全に精力的に取り組んでいきます。

日本笑顔プロジェクト代表 林映寿

一人ひとりが笑顔を持って、家族、友達、職場、地域に笑顔をつなげたい、そんな思いから2011年「日本笑顔プロジェクト」を立ち上げました。まずはいま自分が「笑顔」になって更にその「笑顔」の輪を日本全国にそして世界に広げていきたいと思います。プロジェクトにご賛同・ご協力・ご支援頂ける皆様のご参加をお願い致します。